CL QF ローマ VS バルセロナ

 

2018/04/05 – UEFAチャンピオンズリーグ2017-18準々決勝1stレグ

バルセロナ 4 VS 1 ローマ
フォーメーション

CL 2017/2018 QF バルセロナ VS ローマ 1st leg

CL 2017/2018 QF バルセロナ 4 VS 1 ローマ 1st leg
バルセロナは守備的ですが、完勝ですね。

バルセロナ 「4-4-2」 ローマ 「4-3-3」
バルセロナはローマの左サイド アレクサンダー・コラロフ
からのビルドアップを防ぐ為に

右サイドにサイドバックの二人
ネウソン・セメド、セルジ・ロベルトを並べる。
ウスマン・デンベレ、パウリーニョではなく
右SHに右SBのセルジ・ロベルトを配置。

ローマ 守備の時 「4-5-1」ブロックで防ぐ
ケヴィン・ストロートマンがローマのシステムの要

ローマ 攻撃の時 ロングボールを頻繁に使う。
ショートパスを繋いで、インターセプトされて、
中央を使われるのを避ける。

つまり、メッシにボールをを通るのを避ける為ですが、
メッシにはボール一つ通る空間があれば得点に繋がる
可能性がありますから。

メッシ1人の為にローマは数人でブロックを作る事によって、
バルセロナは数的優位を活かして得点を重ねます。
メッシは典型的なファルソ9ですね。

バルセロナの寄せの早さはローマにとって驚異になりましたね。
ペースは完全にバルサが握っていましたが、
対するローマは時間をゆっくり使いながら上手くいい意味で、
ディフェンスは機能していましたが…..

サイボーグ009

38分 イニエスタとメッシのワンツーを防ぐ為に、
ダニエレ・デ・ロッシのオウンゴール。
これは仕方がない、ボールに触っていなければ、
メッシが得点するだけですから。

悪い時間帯ですが、
ローマには良い前半になりましたね。
要因としてはバルセロナが、
守備的でしたから。

後半、開始早々、ローマにチャンスが訪れる。
ダニエレ・デ・ロッシがクロスからのヘディングシュートを
決めきれない。

ここは決めないと….
バルセロナは典型的なゾーンディフェンスですが、
このゲーム、バルサは守備的ですので、
寄せも早く、ローマにはチャンスらしいチャンスは少ないですね。

中央にボールを運べるナインゴランが負傷欠場のため、
ローマにとってストロートマンかコラロフが
フィードするときがチャンスを生み出せます。

バルセロナが優位にゲームを支配しています。
56分 イヴァン・ラキティッチの絶妙のクロスから
コスタス・マノラスのオウンゴール。
先にバルセロナのサミュエル・ユムティティが居ましたから、
結果は変化しなかったでしょう。

58分 ピケが上がっているために、
フリーになっているスアレスが、ローマのGKがボールをはじく
コースと強さでパーワーサイドにシュート、
スアレスの計算通り、GKがはじいてこぼれ球をピケが
押し込んでバルセロナの3-0

ローマの監督 エウゼビオ・ディ・フランチェスコがようやく、
メンバー交代
60分 ペッレグリーニ→ゴナロン
遅くとも2-0の時に交代ですね。
ディ・フランチェスコは3-0で良いとしている
ゲームプランなのかな。

アンカーのブスケツはバルセロナの起爆装置ですね、
攻守のポジショニングに特別な才を持ち合わせた
バルセロナの要。

66分 ブスケツ→パウリーニョ (バルセロナ)
71分 フロレンツィ→エルシャーラウィ (ローマ)
76分 デロッシ⇒デフレル (ローマ)

遅すぎる交代ですね。
79分 ローマがエルシャーラウィがディフェンスを引きつけて
クロスからエディン・ジェコが見事なトラップから流し込んで
3-1 ローマの2点ビハインド。

82分 セルジ・ロベルト→アンドレ・ゴメス (バルセロナ)
84分 イニエスタ⇒デニス・スアレス (バルセロナ)
両チーム 交代要員を使い切りました。

ローマはこのままのスコアで終わりたいのですが、
アウエーゴールも取ったことですから、
しかしながら、
86分 バルセロナ クロスからのこぼれ球を
素早い反応でルイス・スアレスのチャンピオンズリーグ、
初得点。

良くも悪くも、メッシのポジショニングを見ながら
、ゾーンディフェンスをくづすために斜めに
パスを通せる様に自分のポジショニングを考えないと
バルセロナには居場所が無くなりますから。

バルセロナ 4 VS 1 ローマ
ローマ ホームで3-0のスコアが必要になります。
誰もが夢にも想像できない結末が…..

CL Quarter-finals 2nd leg ローマ対バルセロナ

ローマ 3 VS 0 バルセロナ
フォーメーション

CL 2017/2018 QF ローマ VS バルセロナ 2nd leg

ローマ 3 VS 0 バルセロナ 2nd leg
ロマニスタにとって
奇跡の逆転勝利

ディ・フランチェスコ監督の素晴らしいバルサ対策。
「5-4-1」 「3-1-4-2」の併用
ディフェンス シックが右ウイングに下がる、
ナインゴランが左ウイング
コラロフがセルジ・ロベルト フロレンツィがイニエスタに
マンマーク。

3バックの「3-1-4-2」のシステム
大きな狙いはチーム全体を思い切って、
高い位置に押し上げ陣形を相手とかみ合わせて、
前線からアグレッシブなプレッシングを
敢行する事ですね。

ローマの3バック メッシ、スアレスに一人余りますね。
3バック+アンカーのデ・ロッシの4人で低い位置からのビルドアップ、
数的優位を活かしてボールを繋いで運ぶ。
メッシ、もどらない、スアレスも中央で守備に参加しない。

バルセロナは移動日込みの中二日。
エルネスト・バルベルデ監督は、前のゲームで
ターンオーバーすべきだった。

眠ったまま、ゲームに入り、集中力も欠如し、
出足も亀の如く酷いものでジェコのマークも外し、
体調不良が目立つ珍しくできの悪い
バルセロナですね。今季1番の酷いゲームをしました。

ロマニスタにとって、奇跡の雪が降る

6分 ジェコが足の裏を使って1点目。
バルセロナ サイドからクロスを上げても、
精度を欠き高さもないので怖さもなく、
空中戦にはかなり弱い。

右サイドが上がることによって、
バルサのスペースがサイドにあきますね。
ローマのFWがサイドに流れたり、ナインゴランの
飛び出し。

このことによって、クロスからジェコの空中戦で優位にゲームを
運べますね。
バルサの選手が中央にくるのでサイドがまた空きます。
ジョルディ・アルバを狙い打ち。

ローマはいつものようにハイプレスを掛け、
GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンはパスコースを消されて、
仕方なく、普段あまり蹴らないロングボールを
蹴らざる得ない。

27本のロングボールを蹴らされ、
味方にボールがつながったのは、たったの4本。
前戦に残したメッシに状況を一変させてくれると
期待したが、メッシはメシアにはこのゲームでは
なり得ませんでした。

イヴァン・ラキティッチにはデ・ロッシ、
ブスケツはケヴィン・ストロートマン
がマンマーク。

ブスケツが前を向いてもラキティッチが
バックパス。これではバルサに得点の香りが
全くしないですね。ラキティッチは1st leg
とは別の選手。

前半戦 1-0 ローマがもう少し得点していても、
おかしくなかった前半戦でした。

奇跡の夜

ローマのFW二人、体格差を活かして
ボールを収める。エディン・ジェコ、パトリック・シックを使った、
ディ・フランチェスコ 監督のさえに冴えた戦術ですね。
エディン・ジェコにボールを放り込めば、
チャンスを作れる。

大一番でのほとんど使ったことのない3バックの採用。
ディ・フランチェスコ 監督の殊勲ですね。

56分 エディン・ジェコがPKを獲得。
デ・ロッシが難なく決める。
スタディオ・オリンピコ・ディ・ローマは
素晴らしい雰囲気になりましたね。

ここから、ローマの選手がまた躍動し始める。
バルサ ブスケツ、イニエスタを交代。
これによりバルサは自分たちのサッカーを捨て、
明らかな時間稼ぎだけのこれ程アタフタしているバルサを
見るのは一抹の寂しさを覚えます。

ローマは動けていないバルサに対して、
交代者
72分 シック→ジェンギズ・ウンデル
ジェンギズ・ウンデルのスピードを活かす作戦ですね。
77分 ナインゴラン→ステファン・エル・シャーラウィ

バルセロナ
79分 イニエスタ→アンドレ・ゴメス
守備の強化のためですが、ブスケツ、イニエスタが
居なくなるとバルセロナではないですね。

81分 ジェンギズ・ウンデルのコーナーから
高さを活かしたコスタス・マノラスのヘディングシュートがゴール隅に炸裂。

86分 ネウソン・セメド→デンベレ(右SH)
ルイス・スアレスが裏でボールーを受けるが、
いつもの切れがない。

ローマの戦術にやられた部分もありますが、
明らかに、バルサの自滅の部分もあります。

しかしながら、ロマニスタにとって、
生涯、忘れられない試合になりました。
CL 今季、最もエキサイティングな試合でした。
ブラボー!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください