日本代表 旅の恥はかき捨て

長谷部召集

故障も癒えない長谷部を召集した事でW杯本戦は彼が中心になると思われますが、現実的ではありませんが長谷部を監督に推薦します、誰も責任を取らないフロントでは日本サッカーの発展は望めません。

ディフェンス陣

アンカーを置く南アフリカ大会の「4-1-4-1」か状況によって「4-2-3-1」の
フォーメーションでしょう。最後は個の力になってくるのでアジア予選でも何度も吉田麻也がターンの切り返しでタコ踊りを演じてくれました。長谷部は南アフリカW杯当時、選手としてピークを迎えていましたが、現在はイヤミではなくこれだけ頭脳明晰なら将来的に故障の後遺症が残らないうちに引退する方が良いと思えます。でもワールドカップを控えているから考えてもいないでしょう。

南アフリカ大会の闘莉王、中澤、阿部、とは比べるのが無理ですね。ディフェンス陣の弱さはかなりひどく、メンバー変更ではなくシステム変更ですね、しかしながらベルギー戦はそこそこに纏めるでしょう、相性がいいがら。システムはハイブリッド型でいくのがいいかな?

デュエルと縦パス

フィジカルに強くない日本代表は1対1に適性がなく、必然的にデュエルも程々にして、伝統的に培ってきたディフェンスをベースにデュエルも取り入れてもいいですね、監督さんの指示ですからそれに縦パス1本で裏に通すだけでは試合が成り立ちません、オフェンスも同じくいきなり方向転換するのではなく今までをベースに縦に早くもミックスさせていきましょうね。
極端過ぎます、それと選手とミーティングを繰り返しましょう。
ハリルさんは選手とのコミュニケーションを大切に、早く元服してね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください