リバプール VS トッテナム

 

ポジティブ・トランジション

プレミアリーグ第26節 リバプール 2 対 2 トッテナム
レッズのフォーメーション 「4-3-3」
スパーズはエリクセンをトップ下に置き中盤を
ダイヤモンド型構成にした 「4-3-1-2」

レッズは守備から攻撃に転ずる時、高い位置で
スピード感のあるインテンシティの高いハイプレスをかける
ポジティブ・トランジションを前線3人サラー、フィルミノ、マネが
ハイプレスを掛けスパーズのミスを誘発します。

軍師、ポチェッティーノ

リバプールサラーがバックパスをカットして冷静に先制ゴール。
スパーズが中盤をダイヤモンド構成にしたのは、レッズの
中盤からのビルドアップを避けるための戦術ですが、
スパーズは中盤をソン、アリが閉めているため、必然的に
ワイドがあくので、ロングボールをサラーに適当に放り込みながら
サラーに任す事や、ロバートソン、アレクサンダーにオーバーラップ
を許しクロスをあげられ、レッズの中の選手が各々にもう少し正確性
があればあと悪くても1点は取れたでしょうね。

ティキ・タカ

スパーズのデンベレがボールを持てば球離れが遅く狙い打ちされ、
しかも要であるエリクセンは、レッズのロバートソンにハイプレス
で寄せられ、スパーズの受け手はポジショニングが良くなく、動きも
亀のように見えるぐらい遅いので後ろにパスを出さざるしかなく
Uの字を描く自軍でのパス回しのためのパスになっていましたね。
ポゼッション率は60%を超えてパスもレッズよりかなり多いのですが
残念なことに自軍内でしたね。
悪い意味でのティキ・タカですね。

それだけレッズのインテンシティが高く、質が濃かったのですね。
1-0ですがもっと点差が開いていても不思議ではなく前半戦は
レッズが主導権を握っていました。。

 

ポチェッティーノ

いよいよ後半戦
ポチェッティーノ監督は後半戦から、アリ、エリクソンのポジションを
変更してエリクソンのポジションを低い位置にしてレッズの前線からの
ハイプレスを避けビルドアップする事でペースをスパーズに引き寄せることに成功しました。

原因としてはレッズの中盤省いたロングボールをアバウトに前線放り込み、
前線と中盤の選手の上下運動量が選手が各々に負担を掛けすぎ、
ゲーゲンプレスが出来ないぐらい疲労困憊でした。

それによりデンベレへのプレスが全く機能しなくなりました。
フィルミノ、ヘンダーソンがデンベレに前半戦はプレスが出来ていたのですが、
デンベレをフリーにしてドリブルしながらの縦パスやサンチェスによる
パスが通り始める。
ここから、スパーズが怒濤の反撃に転じる。

不思議

ラインズマンの旗があがらないし、レフェリーも笛を吹かない。
度々、スパーズのオフサイドを取らない、

審判の技術が未熟なのかそれとも作為的に、
チャンピオンズリーグ出場を争っている両チームだから、
引き分ける事が一番良いとの判断なのか、
リーグを盛り上げるためのものなのか、
大きな力が働いているのか、
闇の中ですが、フェアでないと
世界中のプレミアサポーターが楽しみを
台無しにしてほしくないですね。

システム チェンジ

レッズ「4-3-3」から3バック 「5-4-1」低い位置にしてレッズはリトリート型。
63分
交代要員 マネ→オクッスフォード・チェンバレン
ヘンダーソン→ワイナリズムズム
77分
ミルナー→マティック
アンカーにエムレ・チャン
エムレ・チャン、ワイナリズムズムの出足が鈍いと見るやいなや、
ポチェッティーノ監督
78分
デンベレ→ヴィクター・ワニャマ
ヴィクター・ワニャマはキープ力があまりないが比較的、自由にボールを持ち
低い位置でビルドアップするエリクセンにパスを出し、エリクセンが
サイドに開いて起点になる。
ポチェッティーノ監督のしなやかな対応ですね。

レッズが「5-4-1」の3バックにした事で、
レッズの出足、スペースを潰す有意性が無くなってしまいました、
しかも、チェンバレン 「4-2-1-3」でのサイドで守備は出来るが、
浅い位置での守備には慣れていないため、寄せが遅れて遅れて、
GKカリウスのクリアミスによるボールを
79分 ヴィクター・ワニャマのスーパーゴールが生まれる。
レッズは3バックにしたために、サイドからのクロスには対応は出来るが、
スパーズの低い位置からの組み立てに、
レッズはボールが中に入ってきたとき、
CBの人数が多いため誰が寄せるのか判断が遅れる。

クロップの準備不足の3バックのシステムを採用した事、
交代要員はいつも通り疑問に感じます。

劇的な結末

スパーズのケインのダイブはレッズのGKカリウスが
ボールに触っていればルールではオフサイドではなく、
唯、ケインが上手く脚を残しましたが、どうしても
試合を盛り上げたいレフェリーはここで笛を吹きます、
何度もスパーズのオフサイドには笛を吹きませんでしたが、
疑問が残ります。

91分、この時点でスコアは同点ですが、
サラーがボールを持ったときにスパーズは
ハンドを犯しますが笛は吹かれません。
一瞬、プレーヤー全員の動きが止まります、
当たり前です、露骨すぎましたが、ここで
サラーの4人抜きからのスーパーゴール。
スコア レッズ 2  VS  1 スパーズ


どうしても同点にしたいレフェリーはスパーズ有利の笛を
ここでも吹きます。
92分 ケインが決めてイーブン。
ゲームメークをレフェリーがする珍しい光景が、
後半は繰り返されて少し興醒めですね。

しかしながら、フットボールもここまで来たのかと思われる
素晴らしいスピード感のある試合でした。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください