プレミア 2018/2019 アーセナル VS マンC

ペップとエメリ





プレミア 2018/2019 アーセナル VS マンC

エメリ、呑気な倒産

アーセナル フォーメーション

プレミア アーセナル VS マンC アーセナル フォーメーション

マンC フォーメーション

プレミア アーセナル VS マンC マンC フォーメーション

快晴の空の雲のような動きのパターンが少ない立ち上がり、
5分過ぎから、右ワイドのリヤド・マハレズを起点にして、
CFアグエロを囮にして、スターリングのポジションを右寄りにします。

14分 スターリングがカットインしてグエンドゥジを剥がして、
シュートが炸裂。

スターリングのシュート炸裂

ゲームの主導権を握るスターリングのシュート炸裂

エメリ監督がスタイルとして前線からのハイプレス、
システム 攻撃時 「4-4-2」
守備時 「4-3-3」
オーバメヤン、トップ下のラムジー、ムヒタリアンが上がって、
マンCの3バックにコースを切りながら、プレスをかけるメカニズム、
ラムジーは全く後方を見ないので、
マンCのアンカー フェルナンジーニョをフリーにしてパスを通される。

マンCは低い位置からのビルドアップを容易に展開、
ドフリーで度々、マハレズがパスが通り前を向く、
この時、SBウォーカーが攻撃に人数をかけても、
カウンターを受けない確信を持ってオーバーラップ。

アーセナルのナイルズ、シャカが
マンCのウォーカー、マハレズのどちらに行くのか、
役割分担ができていない、
ディテールが無く、明確な戦術がチームに落とし込めていない。

マンCが一方的に押し込むゲーム展開。

ストーンズにプレスをかけずにまたフリーのマハレズのパスコースを
空ける。
ベルナルド・シウバが外のスペースにアーセナルの選手を
引きつけることによって中のスペースが必然的に空く。

しかもアーセナルが前線からのハイプレスでハーフラインも
上がり、バックラインとの間のスペースが間延びしてしまい、
そこにアグエロにスルーパスが通り、
アグエロがしたい放題の呈をようしています。

偶然の産物

35分 ナイルズの負傷によりリヒトシュタイナーに交代。
ユベントスから新加入したリヒトシュタイナーは本来、
右サイドバックですがリヒトシュタイナーがマハレズを
警戒することによってウォーカーもオーバーラップ出来なくなります。

偶然の産物ですね、これでゲーム展開が引き締まります。
マハレズがリヒトシュタイナーが入るまで、フリーであり続け、
つまり、ひょっとするとエメリ監督は思考停止していたとしか
思えないですね。
気づいていないはずはないんですが…….

アーセナル グエンドゥジ、シャカのダブルボランチは明らかな力不足、
グエンドゥジは後半は積極的なプレーを見せましたが、
経験を積ませるつもりでしょうが、さて、1ヶ月後はどうなっているんでしょうか?

マンC側から見て右サイドに高速道路が出来ている状況が
リヒトシュタイナーが偶然に入る事によって状況が改善されます。
しかし、GKツェフのパスミス、ボランチで競り負け、
この事によりボールをマンCに奪われてしまいます。

アーセナル 交代者 53分 ラムジー → ラカゼット

アーセナル 55分 中盤のブロックで初めてこの試合で競り勝ち、
縦パスをラカゼットがシュート。
試合の流れがアーセナルに向き始めます。

しかしながら、ペップはマフレズに変えてデ・ブライネを
投入します、59分の事でした、
すぐに修正案を出して主導権を渡しません。

ベルナルド・シウバを右サイド
デ・ブライネをインサイドハーフ。

デ・ブライネがゲームをコントロールします、
それにより、マンCの安定感がより一層増します。

62分アーセナルのセットプレーからマンCのカウンターが炸裂、
アーセナルのグエンドゥジがロングボールに反応するが対応できず、
アグエロとツェフの1対1、
ここは、ツェフのビッグセーブ。
アグエロはしたい放題です。

63分 左サイドからメンディが折り返したボールは
アーセナルDFの前に開いたスペースに右サイドから
絞ったベルナルド・シウバが左足で振り抜いて
ゴールに炸裂。

ベルナルド・シウバのシュート炸裂。

ベルナルド・シウバのシュート炸裂。

69分 アーセナル 交代者 シャカ → トレイラ
ウルグアイ代表 トレイラが入る事でディフェンスが
際立っているので、チャンスが生まれます。

使えるのならばトレイラはスターターです。
78分 トレイラからオーバメヤンにスルーパスが通り
シュートを決めますが残念ながらオフサイド。

オーバメヤンらしいプレーがこの試合、初めて出ます、
アーセナルはカウンターで攻撃しますがラカゼットが
決めきれない、
マンCは最後のところで戦術の浸透が熟成されていますね。

対するアーセナルは自陣で人数を揃えていながら、
ゾーンを組んだ後にマークの受け渡す
連携が出来ていません。

これがアーセナルの失点に繋がりました。
アーセナルの有力なスターターが戻って来た時、
どのようなシステムにするのか、
誰と誰を組み合わせるのか考える余地がかなりありますね、
このゲームは試合放棄に等しいです。

ペップはデ・ブライネがアンカー横に降りると、
左SB メンディがトップ下に入る。
偽SBは今までインサイドハーフの位置に入りましたが、
これからはトップ下かも。

今季もマンCのフットボールは楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください