日本代表 ロシア上陸

ブラジルW杯の初戦のコートジボワール戦は明らかに日本代表は体調不良でした。 初戦に向けてのサッカー協会のプラニングは常軌を逸していました、それに試合会場は気候の面で 日本代表の結果は、推測するのは容易でした。ロシアW杯は初戦までの準備期間における体調管理を 現場のスタッフの方針を選択して欲しいです、日本人のメンタリティは島国ですのでディフェンスの伝統がありません。

日本代表の守備の弱さはかなりひどく先制攻撃で優位に立てるいわゆるハイブリッド型を選択していけば可能性がありますね。

臨機応変にフォーメーションを変えながらですけども、 これだけ個人の能力が向上していればチーム内での競争をなくし日本人のメンタリティに適合する協力を優先する事がベスト!!

いくら伝統的に守備のがひどいといっても少しでもましになる方法として中央を開けない事を意志統一すればおのずと変化が 訪れます。

ボランチの柱は井手口陽介ですが経験が不足していますね。運動量はかなり豊富ですが諸刃の刃になり得て中央を 開けていますがW杯ではカウンターされますね、長谷部が注意深くバックアップしてバイタルエリアに対戦チームの選手を入れない ようにディフェンス陣をまとめるのが一番よい方法に思えます。

どのチームと対戦しても攻撃陣は先制点を取らないと引き分ける 事も期待するのは妄想にもならないです、これからの時間をいかにしてチームをオーガナイズするかが勝負の分かれ目ですね。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください