サムライブルー先制攻撃

 

祭りのあと

ハリルホジッチ監督のブラジル戦の後の会見、
愉快でした、シニカルではなく本当に芸人より面白い。

後半だけなら勝利した、素晴らしい。
w杯でもハリル・ジャパンにだけ適用してもらいましょう

戦術はハイプレス・ショートカウンターで正解ですね
低く守るリトリート型でショートカウンターの戦術では
何点取られか、考えるだけでおそろしい。

よしんば1-0で負けるとすれば、マスコミ報道は惜敗、
しかしこれは、最初から、負ける準備を4年間してきただけ、
南アフリカW杯は、ディフェンス陣が現在の日本代表より比較
出来ないぐらいしっかりしていたのでリトリート型でいいのですが、
現在の日本代表は守備が壊滅的状態ですが中央突破だけは
避けるためにアンカーはビルドアップもできる井手口
がいいのですが動きすぎないようにしてほしいですね。

ポゼッションは低くしないとカウンターを受けますね。
ハイプレスでいいのは高い位置で対戦相手もいることですから
なかなか奪えないので相手に縦パスを出ささないプレスを
掛け続けてほしいですね、

脱線しますが、ハリルさんは本当に面白い方ですね。
思考回路が分からないですね、彼ならW杯本戦
ベスト16までは可能性はありますね。
しかし個の能力が足らないのでこれからの期間
とくにCFの能力を伸ばさないとベスト16までですね。

大迫だとフォーメーションが「4-6」になるのでラスト25分
本田の決定力に依存するしかないですね。
CFの選考は武藤か杉本ですが、杉本にはこれからの期間
海外クラブでプレイしてほしいですね。今のままでは選択肢は
大迫でいくしかないですね。

サッカーの勝敗はほぼCFで決まります。
ブラジルが優勝するときはCFがS級ですね、
あのブラジルでさえCFがA級クラスだと優勝まできません。

日本代表は必ず点を取られるので例えば単純明快に
杉本の頭に合わせるだけでいいのです。
縦パスを出せる選手を選考すればいいのです。
山口はディフェンスは優れていますが、ビルドアップに難
がありますし、ディフェンスに優れた選手を選考しても
日本代表は強豪にかかれば2点のビハインドがありますね。

インサイドハーフは縦パスも出せて得点できる可能性のある
選手、柴崎と香川でハイプレスショートカウンターを選択する
のがいいと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください